会社用の電話として|3Dスキャナーを使ってみよう|計測が便利になる

3Dスキャナーを使ってみよう|計測が便利になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社用の電話として

電話

複数の回線を使用できる

一般家庭用の電話機は、一つの回線しかないため、通話中に別の電話がきてもとることができません。会社では多くの電話のやりとりが必要なため、このような機能しか持たない電話では困ります。そのため、ビジネスホンがよく使われています。ビジネスホンとは、複数の外線と内線を使い分けることかできる電話のことです。電話というよりシステム全体のことをさし、購入する会社もあればリースする会社もあります。複数の回線を使用できるため、一つの電話番号で会社中の端末にかけることができ、誰かが話していても別の回線を使用して電話をうけたりかけたりすることが可能となります。また、会社内の別の電話端末に電話を回す、いわゆる内線機能でお金が発生しないので、経済的というメリットもあります。

目的に応じて選び分けて

ビジネスホンは、リースで使われることも少なくありません。会社を立ち上げたばかりでいずれ大きな建物に移動する計画となっている場合や、移転中で一時的に社屋をうつしている場合などによくリースされます。近年ではリースの値段もバラエティーがでてきており、タイプや使い方によっては購入するより安いこともあります。そのため、目的や期間に応じて選び分けることが重要です。ビジネスホンに必要な機能は、古い機種と新しい機種でそこまで差はありません。新しい機種でないとだめという機能はごくわずかなため、中古品のリースでも十分ということがあります。特に社内間通話がメインの場合は、高い機能は必要ないので中古やリースを活用するとコスト削減につながります。