コスト削減を考えるには|3Dスキャナーを使ってみよう|計測が便利になる

3Dスキャナーを使ってみよう|計測が便利になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

コスト削減を考えるには

コピー機

出来ることを把握する

コピー機は単に同じ様式の用紙を増やすだけではありません。最近のコピー機は単なるコピーだけではなく、両面・カラーのコピーは勿論、日付を印刷することや、製本することが容易になるように設定をすることも可能です。また、部数単位で印刷し、それらをホッチキスで止めた状態のものを、そのままコピー機より出力することができます。一枚一枚用紙や部数を数えたりする手間が省け、人件費の削減になります。他にも、2枚の原稿を1枚に、4枚の原稿を1枚にまとめたりと、コスト削減の面でも非常に有効です。カラーコピーも白黒・カラーだけではなく、2色刷り、単色刷り等も選ぶことができ、使用するトナーも減少します。日々進化している機能を使用することで、大きなコスト削減になります。

維持も簡単にできます

カラーコピーの写真用の設定で写真をコピーした場合、綺麗な仕上がりになります。コピー機インクの出力が優れており、何枚も写真を印刷するよりは、そのまま写真用の設定でカラーコピーを行った方が、出力も早く、お得です。 またトナーや感光体の交換も容易になっています。以前は手を汚して交換していたことも多かったのですが、今では引き抜いて差し込むだけ、という仕様になっています。毎回説明書を開くことはありません。交換方法は機械そのものにも、イラスト付きで記載され、液晶画面にも交換方法が表示されます。またエラーが発生した場合にはエラー番号の表示もあり、その番号を知らせることで、故障個所がメーカー側にも伝わりやすくなり、早期対応をしてもらえます。